立民代表選 横浜で最後の地方遊説 社会保障めぐり4候補が論戦

立憲民主党の代表選挙は25日、横浜市で政策討論会が行われ、4人の候補者は社会保障をめぐって論戦を交わしました。

立憲民主党の代表選挙は、25日、横浜市で最後の地方遊説が行われ、4人の候補者は街頭演説のあと政策討論会に臨み、社会保障をめぐって論戦を交わしました。

この中で、逢坂 元総理大臣補佐官は「少子化を克服すれば社会保障の基盤も強化できる。1つの要因は、収入が不安定で、生活が安定しないことにあり、希望する人は正規雇用になれるようにしたり子育て世代や結婚を望む世代の給与を上げたりすることが大事だ」と述べました。
小川 国会対策副委員長は「公助によって、誰もが安心感や将来の見通しを持てる世の中に変革していくことが最も大事だ。われわれが望む社会の実現のため、みんなが支えあいの感覚で提供できる税や保険料の在り方を社会をあげて議論しなければならない」と述べました。
泉 政務調査会長は「国民年金だけで生活するのはきついので、厚生年金に入れる範囲を緩和していくべきだ。国民年金に上乗せする『ベーシックサービス年金』のようなものも積極的に検討し、皆さんに安心を届けることを主要な政策課題としたい」と述べました。
西村 元厚生労働副大臣は「保健所、医療機関、介護や保育の現場で働く人たちの待遇改善を行いたい。社会保障は、すべての人の暮らしを守るためであるのと同時に、経済のためにもプラスになるという考え方に基づいて、もっともっと充実させていきたい」と述べました。

立憲民主党の代表選挙は、国会議員らのほか、地方議員や党員・サポーターの投票で争われ、来週30日の臨時党大会で新しい代表が選ばれることになっています。