バス停に車突っ込む 2人死亡 運転の71歳会社員を逮捕 横浜

25日午後横浜市戸塚区のバス停に車が突っ込んでバスを待っていた4人が巻き込まれ、45歳と56歳の女性が死亡しました。警察は車を運転していた71歳の会社員を逮捕し、詳しい状況を調べています。

25日午後2時半すぎ、横浜市戸塚区平戸町の国道沿いのバス停にワンボックスタイプの車が突っ込み、バスを待っていた4人が巻き込まれました。

この事故で、戸塚区の医療事務員、大澤弥生さん(45)が胸などを強く打って死亡したほか、意識不明の重体になっていた横浜市泉区のパート従業員、澁谷幸恵さん(56)も搬送先の病院で死亡しました。また、70代の男女2人も軽いけがをしました。

警察によりますと、現場は緩やかな右カーブで、ワンボックスタイプの車は、左側の歩道に乗り上げた状態で数十メートル走ったあと、バス停に突っ込んだということです。

警察は車を運転していた東京 足立区の会社員佐藤次守容疑者(71)をその場で逮捕し、過失運転致死傷の疑いで詳しい状況を調べています。

警察の調べに対し「事故を起こし、人にけがをさせたことは間違いない」と供述しているということです。

現場はJR東戸塚駅から南東に1キロ余り離れた国道沿いに住宅などが建ち並ぶところです。

事故直後 目撃した女性「高齢の方がぼう然と]

事故直後の様子を目撃した50代の女性は「人が倒れて救命処置を受けていました。皆さん、どこかが痛いとか言っていました。車を運転していた人だと思いますが、高齢の方がぼう然としていて、声も出ないような感じでした。身近にこんなことが起こると思わなかったので怖いです」と時折声を震わせながら話していました。