ドーバー海峡で移民乗ったボート転覆 27人死亡 2人重傷

フランスとイギリスの間のドーバー海峡で大勢の移民が乗った小型ボートが転覆し、これまでに27人の死亡が確認されました。フランスのマクロン大統領は犯罪組織が密航を手引きしているとして撲滅に向けて関係国と連携を強める考えを示しました。

フランスとイギリスの間のドーバー海峡で24日、大勢の移民が乗った小型ボートが転覆し、フランス当局によりますと、これまでに27人の死亡が確認され2人が重傷となっています。犠牲になった人たちの身元や出身国は明らかになっていません。

現場を訪れたフランスのダルマナン内相は、この密航を手引きした疑いで4人の身柄を拘束したことを明らかにしました。

またマクロン大統領は「海峡を墓場にすることを許さない」という声明を発表し、犯罪組織が密航を手引きしているとして撲滅に向けてEU=ヨーロッパ連合の各国やイギリスと連携を強める考えを示しました。

一方、イギリスのジョンソン首相は緊急の会議を開いたあとメディアの取材に応じ、密航を助ける悪質な仲介業者が利益を得ていると指摘したうえで「海を渡ろうとする人たちを止めるための対策が十分ではない」などと述べ、フランス政府の対応を批判しました。

イギリスの公共放送BBCは中東やアフリカなどからイギリスを目指して海峡を渡る移民は増える傾向にあり、ことしは2万5000人を超えたと伝えています。