高齢者施設などでの面会 接種済みの場合 対面で実施を 厚労省

厚生労働省は、全国の高齢者施設などに対し、面会を希望する家族がワクチン接種を済ませている場合などは、対面での面会を実施するよう促す通知を出しました。

高齢者施設や障害者施設では、新型コロナウイルスの感染対策として面会を制限しているところが少なくありませんが、新規感染者が減少していることから、厚生労働省は24日、対面での面会の実施を検討するよう全国の施設に通知しました。

通知では、まず利用者と面会を希望する家族などが、いずれも、ワクチン接種を済ませているか、検査で陰性と判定されていることを確認するよう求めています。

そのうえで人数は最小限にし、当日、体調がすぐれなかったり、過去2週間に発熱などの症状が見られたりした人については面会を断るとしています。

また、面会中も、利用者や家族にはマスクの着用や消毒などの感染対策を徹底してもらい、飲食は可能なかぎり控えてもらうよう求めています。

厚生労働省は「利用者が家族とふれあうことで心身の健康につながることも期待できる。感染状況が落ち着いている地域では、可能なかぎり対面での面会を実施するよう施設に促していきたい」としています。