岸田首相 ベトナム首相と会談「両国関係大きく発展させたい」

岸田総理大臣は、日本を訪れているベトナムのファム・ミン・チン首相と会談し、ベトナムは「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けて要となる重要なパートナーだとして、両国関係の一層の発展に期待を示しました。

岸田総理大臣は、日本を訪れているベトナムのファム・ミン・チン首相と、午後6時すぎからおよそ1時間、総理大臣官邸で首脳会談を行いました。

岸田総理大臣が就任後、国内で外国の首脳と会談するのは今回が初めてです。
冒頭、岸田総理大臣は「ベトナムは『自由で開かれたインド太平洋』を実現するうえで要となる重要なパートナーだ。また両国の経済再生に向けて、ベトナムの日系企業や日本で働くベトナムの方々が大きな役割を果たすと確信している。チン首相とともに両国関係を大きく発展させていきたい」と述べました。
これに対し、チン首相は、岸田総理大臣の就任に祝意を示したうえで「最高指導者への就任による両国の友好協力関係の明るい未来を確信している」と述べました。

会談で、両首脳は、東シナ海や南シナ海への進出を強める中国を念頭に、自由や法の支配に基づく国際秩序の維持・強化に向けた連携を確認したものとみられます。

また、新型コロナ対策のほか、半導体など国の産業にとって重要な製品などを安定的に調達するサプライチェーンの強じん化などをめぐって意見を交わしたものとみられます。