12月以降 東・西日本の日本海側で降雪量多い 3か月予報 気象庁

この冬は東日本や西日本を中心に寒気が流れ込みやすく日本海側では雪の量も多くなる見込みで、気象庁は早めの対策を呼びかけています。

寒気や冬型の気圧配置の影響で北日本では雪が降り続き、北海道の上川地方では24時間の降雪量が70センチを超えるなど局地的に大雪となっています。

冬型の気圧配置は今週末にかけて続く見込みで、気象庁は北日本の日本海側を中心に大雪や強風などに十分注意するよう呼びかけています。

一方、気象庁が24日、発表した向こう3か月の予報では、東日本や西日本でも雪の量が多くなるおそれがあるとしています。

日本海側での来月以降、3か月の降雪量は
▽北日本で「ほぼ平年並み」
▽東日本で「平年並みか多い」
▽西日本では「多い」と見込まれています。

また、向こう3か月の平均気温は
▽北日本は「平年並みか高い」と見込まれる一方、
▽東日本では「平年並みか低い」
▽西日本と沖縄・奄美で「低い」と予想されています。

特に来月、12月は東日本より西で寒気の影響を受けやすい傾向が明らかだとしています。

気象庁は、東日本や西日本に寒気が流れ込みやすいのは南米・ペルー沖の海面水温が平年より低くなる「ラニーニャ現象」で、偏西風が南に蛇行することが大きく影響しているとしています。

同様にラニーニャ現象だった昨シーズンは大規模な立往生が相次ぐ大雪となりました。

気象庁異常気象情報センターの竹川元章所長は「12月の段階でも大雪になる可能性が高いと考えている。気象情報を確認し早め早めの対策を心がけていただきたい」と話しています。