アメリカ開催「民主主義サミット」参加リストに台湾 中国反発

中国との関係を「民主主義と専制主義の闘い」と位置づけるアメリカのバイデン政権は、12月初めて開催する「民主主義サミット」に参加するおよそ110の国や地域のリストを公表しました。リストには日本やヨーロッパの各国とならび台湾も含まれていて、中国からの反発も予想されます。

アメリカのバイデン大統領は12月9日と10日の2日間、民主主義国の首脳などが参加する「民主主義サミット」をオンライン形式で初めて開催する予定で
▽権威主義からの防衛や
▽汚職との闘い
▽人権尊重の促進を主なテーマに
意見を交わすことにしています。

バイデン政権が23日公表した参加リストによりますと、日本やヨーロッパの各国などおよそ110の国や地域が招待された一方、アメリカが専制主義国家と位置づける中国やロシアは含まれていません。

中国との関係を「民主主義と専制主義の闘い」と位置づけるバイデン政権としては、民主主義の価値観を共有する同盟国や友好国などとの連携を強化することで中国に対抗するねらいがあるものとみられます。

またリストには中国が「不可分の領土だ」とする台湾も含まれていて、中国からの反発も予想されます。

台湾 オードリー・タン氏ら出席

台湾外交部はこのサミットにIT担当の閣僚の唐鳳氏、英語名オードリー・タン氏と、アメリカの首都ワシントンにある台湾当局の代表機関「駐米台北経済文化代表処」の蕭美琴代表が出席すると発表しました。

外交部は「バイデン大統領からの招待に感謝する。台湾が長年にわたり、民主主義の推進に努めてきたことが評価されたものだ」とコメントしています。

中国は反発

中国政府で台湾政策を担当する国務院台湾事務弁公室の朱鳳蓮報道官は24日の記者会見で「われわれはアメリカと台湾による、いかなる形の公式の交流にも断固反対する。アメリカには『1つの中国』の原則をしっかりと守り、台湾に関わる問題を適切に処理するよう求める」と反発しました。

ロシア「新たな境界線をつくる試み」

「民主主義サミット」の参加リストに含まれていないロシアは大統領府のペスコフ報道官が「これは新たな境界線をつくる試みにほかならない。われわれは1990年代初頭に境界線を減らし取り除くために懸命に闘ったが、いまアメリカは新たな境界線をつくり彼らにとってよい国と悪い国に分けようとしている」と述べたと、ロシア国営のタス通信が伝えています。