【動画】北海道 名寄で大雪 朝9時の積雪58センチ 平年の約4倍

北海道北部では23日から24日にかけて、この冬、初めてまとまった雪となりました。北海道の上川地方北部の名寄市では23日午後から雪が降り続き、24日午前9時の時点で積雪が58センチと、平年のおよそ4倍に達しました。

(動画は23秒です。データ放送ではご覧になれません)。

市の中心部では雪が降り続く中、除雪車が出動して車道の雪を道路脇に寄せ、市民は雪かきにおわれていました。

70代の男性は「朝起きて、びっくりしました。ひと晩でこんなに降るのは珍しいです。きょうは一日、雪かきです」と話していました。

旭川地方気象台によりますと、上川地方北部では24日昼すぎにかけて雪の降り方が強まり大雪となる見込みで、気象台は交通への影響に警戒するよう呼びかけています。