大谷翔平 大リーグ「オールMLBチーム」に投打2部門で選出

大リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手が、ファン投票などで選ばれる今シーズンの「オールMLBチーム」に指名打者と先発投手の2部門で選ばれました。

「オールMLBチーム」は大リーグ機構がおととし創設した新しい賞で、両リーグを通じて各ポジションで活躍した選手をファンやメディア、元選手などによる投票で選びます。

ことしの受賞者が23日発表され、大谷選手は指名打者で、1位の選手が選ばれるファーストチームに入りました。

また先発投手でも、上位5人が選ばれるファーストチームからは漏れましたが6位から10位の5人が入るセカンドチームに選ばれました。

「オールMLBチーム」に2部門で選出されたのは大谷選手が初めてです。

大谷選手は大リーグ4年目の今シーズン、▽ピッチャーとして9勝、156奪三振、▽バッターとしてホームラン46本、100打点、26盗塁と投打ともに自己最高の成績をマークし、今月18日には日本選手ではイチローさん以来20年ぶりとなるシーズンのMVP=最優秀選手に満票で選ばれました。

「オールMLBチーム」では、去年、カブスでプレーしたダルビッシュ有投手が先発投手でファーストチームに、ツインズの前田健太投手がセカンドチームに入ったのが日本選手で初めての選出でした。