兵庫 2人死亡火事 布団から油のような物質 放火の疑いで捜査

今月19日、兵庫県稲美町で住宅が全焼し小学生の兄弟とみられる遺体が見つかった火事で、燃え残った布団から油のような物質が検出されていたことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は油のような液体がまかれ火をつけられた疑いがあるとみて捜査するとともに、伯父が何らかの事情を知っているとみて引き続き行方を捜しています。

今月19日の夜、兵庫県稲美町で住宅が全焼してこの家に住む小学生の兄弟とみられる2人が遺体で見つかり、警察は放火の疑いで捜査しています。

捜査関係者によりますと、室内の燃え残った布団から油のような物質が検出されたということです。

このため警察は何者かが油のような液体を布団やその周辺にまいて放火した疑いがあるとみて捜査を進めています。

一方、兄弟は両親と50代の伯父と一緒に住んでいて、両親は無事でしたが火事のあと伯父の行方が分からなくなっています。

出火直後、近所の複数の防犯カメラには伯父とみられる男性が歩く姿が写っていたということで、警察は伯父が何らかの事情を知っているとみて引き続き行方を捜しています。