菅前首相 ベトナム首相と会談“貿易促進 交流拡大へ強化確認”

自民党の菅前総理大臣は日本を訪れているベトナムのファム・ミン・チン首相と会談し、貿易の促進や人的交流の拡大に向け協力関係の強化を確認しました。

自民党の菅前総理大臣と日本とベトナムの友好議員連盟の会長を務める二階元幹事長らは23日朝、東京都内のホテルでベトナムのファム・ミン・チン首相と会談しました。

この中で菅氏は「総理大臣に就任したあとの最初の外国訪問先としてベトナムを訪問し、大変心温まる歓迎をいただいた。両国の関係には無限の可能性があり、ますます盛り上げていきたい」と述べました。

これに対しチン首相は「両国の信頼感と緊密な協力関係が非常に深まっている。関係をさらに強化するため力を合わせていきたい」と応じました。

また日本から支援をうけた新型コロナウイルスワクチンの提供に謝意を示しました。

そして両氏は先月からベトナム向けに日本産のみかんの輸出が可能となったことなども踏まえ、貿易の促進や人的交流の拡大に向け協力関係の強化を確認しました。