兵庫 2人死亡火事 出火直後 近所の防犯カメラに男性 伯父か

今月19日、兵庫県稲美町で住宅が全焼し小学生の兄弟とみられる遺体が見つかった火事で、出火直後、近所の複数の防犯カメラに伯父とみられる男性が歩く姿が写っていたことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は放火の疑いで捜査するとともに、伯父が何らかの事情を知っているとみて行方を捜しています。

今月19日の夜、兵庫県稲美町で住宅が全焼しこの家に住む小学生の兄弟とみられる2人が遺体で見つかりました。現場には油のようなものがまかれたあとがあり、警察は放火の疑いで捜査しています。

警察によりますと、兄弟は両親と50代の伯父と一緒に住んでいて両親は無事でしたが、火事のあと伯父の行方が分からなくなっています。

捜査関係者によりますと、近所にある複数の防犯カメラには出火直後、男性が現場から離れていく方向へ歩く姿が写っていて、格好などから伯父とみられるということです。

警察は伯父が何らかの事情を知っているとみて引き続き行方を捜しています。