北日本中心に暴風や高波など警戒 日本海側の山沿い中心に雪か

発達した低気圧などの影響で北日本を中心に風が強く波が高い状態が続いていて、暴風や高波などに警戒が必要です。また北日本から中国地方にかけて日本海側の山沿いを中心に雪が降るおそれがあり、冬用タイヤなどの備えも必要です。

気象庁によりますと、発達した低気圧や冬型の気圧配置の影響で北日本を中心に風の強い状態が続いています。

北海道や東北では
▽最大風速が18メートル
▽最大瞬間風速は30メートルと
予想されています。

▽北海道のえりも岬では午前5時半ごろに31.6メートル
▽山形県酒田市の飛島では午前1時半ごろに30.6メートルの
最大瞬間風速を観測しました。

波も高く、東北や北陸では24日にかけて6メートルの大しけとなる見込みです。

気象庁は北日本を中心に暴風や高波への警戒を呼びかけています。

日本海側山沿いは雪に注意

また上空にこの時期としては強い寒気が流れ込んでいるため、23日は北日本から中国地方にかけて日本海側の山沿いを中心に雪が降り、積もる可能性もあります。冬用タイヤやチェーンの装着など雪への備えも進めるようにしてください。