岸田首相 タイとシンガポール首相と電話会談 緊密な連携を確認

岸田総理大臣は、22日夜、タイのプラユット首相、シンガポールのリー・シェンロン首相と、就任後初めてとなる電話会談を相次いで行い、それぞれの国との関係を発展させるため緊密に連携する方針を確認しました。

このうち、タイのプラユット首相との電話会談で、岸田総理大臣は「両国の間の『戦略的パートナーシップ』を一層発展させ『自由で開かれたインド太平洋』の実現に向けて協力を強化したい」と述べました。

これに対し、プラユット首相は「両国の関係のさらなる発展に向けて緊密に連携したい」と応じました。

また、地域情勢をめぐり、岸田総理大臣は中国を念頭に「東シナ海や南シナ海での一方的な現状変更の試みに強く反対する」と述べたほか、両首脳はミャンマー情勢の事態の打開に向けて一層連携していくことで一致しました。

一方、シンガポールのリー・シェンロン首相との電話会談で、岸田総理大臣は「グリーンやデジタルなどの経済分野に加えて、安全保障分野の協力も一層強化していきたい」と述べました。

これに対し、リー首相は「二国間の関係を発展させるため、日本との協力をさらに強化していきたい」と応じました。