猪瀬元都知事ら 首相に政策提言 “気候変動対策を強力に”

元東京都知事の猪瀬直樹氏ら民間の有識者が岸田総理大臣と面会し、気候変動対策をいっそう強力に進めるべきだとして、担当の総理大臣補佐官を置くことなどを求める政策提言を行いました。

元東京都知事の猪瀬直樹氏や、元参議院議員で会社経営者の松田公太氏らは、総理大臣官邸を訪れ岸田総理大臣と面会しました。

猪瀬氏らは規制改革や地方分権を中心とした政策提言を行う民間の臨時調査会を設立したことを報告し、気候変動対策をいっそう強力に進めるよう求める政策提言を行いました。

具体的には気候変動を担当する新たな総理大臣補佐官を置くことや、EV=電気自動車への転換促進、それに再生可能エネルギーの普及を加速させるための、送電網の拡充などに取り組むべきだとしています。

このあと猪瀬氏らは国会内で記者会見し「政府の一丁目一番地は気候変動だと強く申し上げ、岸田総理大臣もそうした認識を強めたと思う」と述べました。