大久保嘉人が涙の引退会見 「自分のスタイル 貫き通した」

サッカーの元日本代表でJ1で歴代最多の191得点をあげているセレッソ大阪のフォワード、大久保嘉人選手が引退会見を行い「自分のスタイルを貫き通して20年間戦えたことを誇りに思う」と現役生活を振り返りました。

39歳の大久保選手はセレッソや川崎フロンターレ、それに海外のクラブを含め現役で20年間プレーし、J1で歴代最多の191得点をあげたほか日本代表としてもワールドカップの2大会に出場しました。

大久保選手は22日、大阪市内のホテルで記者会見し、引退を決めた理由について「20年間、苦しいことの方が多かったがそれを見せないようにと細い糸がギリギリつながっているような状態でプレーを続けてきた。自分自身、まだまだできるだろうと言われるうちにやめたいという気持ちもあったのでそれが今だと思った」と時折、涙で言葉を詰まらせながら話しました。

その上で、ピッチで感情をあらわにする自身のプレースタイルについては「やんちゃと言われることも多かったが、自分のスタイルを貫き通してやってこれたことを誇りに思うし、悔いなくサッカー人生を終えられて今は幸せだ」と振り返りました。

また、今後については「僕の意見を伝えなければいけないというのもありますし、もっともっとサッカーのことを知りたいし、勉強していきたい」と指導者への意欲も示しました。

その上で、今シーズン、J1で2試合が残っているほか、チームが天皇杯で準決勝に進出していることを踏まえ「まだ、日本のチームでタイトルをとったことがない。最後のチャンスがあるので、絶対決勝まで行ってセレッソのメンバーやスタッフ、関係者の皆さんと優勝して喜べたらいいなと思う」と意気込んでいました。