ベンチャー企業への民間からの出資を後押しへ 山際経済再生相

山際経済再生担当大臣は、ベンチャー企業に出資する民間人らと意見交換しました。山際大臣は「出資する側との問題意識は一致している」と述べ、民間からの出資を後押しするため、支援策の充実などに努める考えを示しました。

山際経済再生担当大臣は22日、東京都内でベンチャー企業が共同で使う研究施設を視察したあと、出資企業の幹部らと車座で意見を交わしました。

参加者からは、政府の支援制度について「企業の出資の呼び水となる国の助成金を増やしてほしい」などといった注文が出されました。

このあと、山際大臣は記者団に「欧米に比べると、政府の支援制度の使い勝手がよくないし、やる気のあるベンチャーと一緒になってビジネスに仕上げる人材も、まだまだ不足している」と述べました。

そのうえで「政府がサポートすべきことについての問題意識は、出資する側と一致している」と述べ、民間からのベンチャー企業への出資を後押しするため、支援策の充実などに努める考えを示しました。