米高官「日本で来年クアッド開催」中国に対抗 さらなる連携へ

アメリカのバイデン政権でアジア政策を統括する高官は、日本、アメリカ、オーストラリア、インドの4か国でつくるクアッドの会合が来年、日本で開かれると明らかにしました。対面での首脳会合が開催されればバイデン大統領にとって就任後、初めての日本訪問が実現することになります。

ホワイトハウスのNSC=国家安全保障会議でアジア政策を統括するカート・キャンベルインド太平洋調整官は19日、オンラインで講演し、日本、アメリカ、オーストラリア、インドの4か国でつくるクアッドと呼ばれる枠組みについて「来年の会合を日本で開くことで合意した」と述べました。

クアッドの首脳会合はことし9月にワシントンで開かれ、今後、毎年開催することが決まっていますが、来年も対面での首脳会合が開催されれば、バイデン大統領にとって就任後、初めての日本訪問が実現することになります。

キャンベル氏は「これまでの約束を着実に実行することを確認するとともに新たな分野での連携も検討していく」と述べ、中国に対抗していくため、4か国でインド太平洋地域におけるさらなる連携を目指す考えを強調しました。

一方で「近い将来、この枠組みを組織化することはなく、これは参加する各国の強い考えでもある」と述べ、クアッドを正式な国際組織にしていくことにはならないという見方も示しました。

岸田首相「いつ、どこで開くかまだ決まっていない」

岸田総理大臣は、視察先の松山市で記者団に対し「クアッドについては、ことしすでに首脳会談が開かれており、その際に毎年会合を開くということだけは確認されていたと承知をしている」と述べました。

そのうえで「ただ、次回も含めて、どこで、いつやるかについてはまだ結論が出ていなかったと思う。毎年開くという方針のもとで、これから具体的にいつ、どこで開くかを詰めていくことになると思う。現在はまだ決まっていないというところだ」と述べました。