中国とロシアの爆撃機 日本周辺上空を共同飛行 防衛省警戒強化

防衛省は19日、中国軍とロシア軍の爆撃機が日本周辺の上空を共同飛行したと発表しました。
18日には両国軍の艦艇が相次いで対馬海峡を通過するのが確認され防衛省は、特異な動きが続いているとして警戒を強めています。

防衛省によりますと、19日、中国軍の爆撃機2機とロシア軍の爆撃機2機が、日本海から東シナ海にかけての上空を飛行したあと、沖縄本島と宮古島の間を抜けて太平洋に出たということです。

その後、4機は同じようなルートを引き返す形で東シナ海に戻り、航空自衛隊の戦闘機がスクランブル=緊急発進して警戒監視にあたり、領空侵犯はありませんでした。

防衛省が日本周辺での中国軍とロシア軍の共同飛行を公表したのは去年12月以来、3回目です。

一方、18日には、中国海軍のミサイル駆逐艦とフリゲート艦合わせて2隻とロシア海軍の駆逐艦1隻が、相次いで対馬海峡を南下し、日本海から東シナ海に出たのを海上自衛隊が確認しました。

対馬海峡は「国際海峡」で軍艦を含めて、外国の船舶の航行が国際的に認められています。

防衛省関係者によりますと、タイミングや場所が近いことから艦艇の航行と爆撃機の共同飛行は連携した動きの可能性もあるということです。

このほか、防衛省は、鹿児島県の屋久島周辺で中国海軍の艦艇1隻が「日本の領海を航行したと判断している」と19日夜発表し、安全保障上、特異な動きが続いているとして、目的を分析するとともに警戒を強めています。

ロシアと中国 戦略爆撃機が合同警戒監視活動と発表

ロシアと中国の国防省は、両軍の戦略爆撃機合わせて4機が日本海と東シナ海の上空で合同の警戒監視活動を行ったと発表しました。

おととし、去年に続いて3回目でロシアと中国は10月にも両軍の艦艇が津軽海峡を通過するなど軍事的な結び付きを深めています。

ロシア国防省は19日、ロシア軍の長距離戦略爆撃機2機が、中国軍の2機とともに日本海と東シナ海の上空で合同の警戒監視活動を行ったと発表しました。

両国が合同の警戒監視活動を行うのはおととし7月と去年12月に続いて3回目で、ロシア国防省は「中国との包括的な協力関係を発展させ、軍事交流のレベルをさらに高めて共同軍事作戦を行う能力を向上させるためだ」とした上で「両軍のことしの軍事協力計画によるもので、第三国に対するものではない」としています。

また、中国の国防省も「両国の空軍機は国際法の関連規定を厳格に順守し、他国の領空に進入しなかった」と強調しています。

両国は先月にも両軍の艦艇合わせて10隻が津軽海峡を通過するなど、日本海や東シナ海の海域で合同の巡視活動を行っていて、軍事的な結び付きを深めています。

プーチン大統領は18日に行われた会議で中国との関係について「これまでで最も高いレベルに達している」としたうえで「一部の西側諸国はこの関係にくさびを打とうと試みている」と述べ、中国との関係強化を強調し、対立が続く欧米をけん制していました。

韓国 中国とロシアの軍用機が防空識別圏進入と発表

これに関連し、韓国軍は、中国の軍用機2機とロシアの軍用機7機が韓国が領有権を主張する島根県の竹島周辺から韓国の防空識別圏に進入したと発表しました。

韓国軍は、偶発的な事態に備えて戦闘機と空中給油機を投入しましたが、中国側からは通常の訓練だと説明を受けたということです。

韓国軍は領空侵犯はなかったとしていますが、中国とロシアの合同訓練とみていて、今後、分析が必要だとしています。

また、韓国の通信社、連合ニュースは、韓国外務省が、外交ルートを通じて、中国とロシアに対して遺憾の意を表明し、再発防止を求めたと伝えています。

中国メディア「周辺国に警告のための行動」

中国軍とロシア軍の爆撃機が日本周辺の上空を共同飛行したことについて、中国共産党系のメディア「環球時報」の英語版は、専門家の見方として「中ロ両国の政治的、軍事的な接触や、相互信頼が深まっているため、今後もより多くの共同飛行などが行われるだろう」という見方を伝えています。

そのうえで、この専門家は、共同飛行の目的について、アメリカとイギリス、オーストラリアによる新たな安全保障の枠組み「AUKUS」や、日本、アメリカ、オーストラリア、インドの4か国でつくる「クアッド」を例に挙げ「こうした一部の周辺国に、問題を起こさないよう警告するための実践的な行動でもある」などと指摘しています。

軍事アナリスト「高いレベルの協力アピールか」

中国軍とロシア軍の爆撃機が19日、日本周辺の上空で合同の警戒監視活動を行ったことについて、軍事アナリストで、東京大学先端科学技術研究センターの小泉悠特任助教は「両国にそれぞれどういう思惑があったのかいまだにわかっていないが、日米関係をけん制したり、アメリカが主導する中国包囲網に対して何らかのメッセージを送ったりするねらいがあったとみられる」と指摘しました。

また、18日に中国とロシアの艦艇が日本近海を航行していたことも確認されたことについて、爆撃機の共同飛行と連携した動きだという見方を示したうえで、「以前に比べると複雑な活動をするようになっている。従来より高いレベルの協力ができていることを政治的にアピールするねらいがあるのではないか」と分析しています。

そのうえで「日米だけでなく、オーストラリアやカナダ、ヨーロッパなどの国が中国をけん制する姿勢をみせているなか、中国にとってロシアが有力なパートナーとなった。一方で、ロシアにとっても、中国が政治や経済、安全保障上も無視できないパートナーで、日本周辺での連携した活動は中国との関係をつなぎとめる重要な手段となっている」と述べ、両国の利害が一致し関係を強めていることが背景にあるという見方も示しました。