室生寺の紅葉 2年ぶりライトアップ 20日~23日 奈良 宇陀市

奈良県宇陀市の室生寺では紅葉が見ごろを迎え、20日から2年ぶりとなるライトアップが行われます。

宇陀市にある室生寺では、紅葉が見ごろを迎え赤や黄色の葉が境内を彩っています。

昨年は新型コロナウイルスの影響で紅葉のライトアップは中止になりましたが、ことしは20日からの開催が決まり、準備が進められていました。

この地域に宿るとされる「龍神」を表現しようと、青色のライトで池を照らし、紅葉と池のコントラストが美しい神秘的な雰囲気を作り上げていました。
室生寺の総務主事・山岡淳雄さんは「およそ2年、我慢している人は非常に多いと思うので、前向きな考え方ができるような気持ちになってもらえると嬉しいと思います」と話していました。

室生寺の紅葉は12月上旬まで楽しめるということで、ライトアップは20日から23日までの4日間行われます。