認知症診療の第一人者 長谷川和夫さん死去 92歳 認知症を公表

日本の認知症診療の第一人者として知られ、みずからも認知症になったことを公表していた精神科医の長谷川和夫さんが今月13日、老衰のため亡くなりました。92歳でした。

長谷川さんは愛知県出身で、大学を卒業後、精神科の医師となり1973年に聖マリアンナ医科大学の教授になりました。

1974年には、認知症の疑いがあるかを調べるテスト形式の検査「長谷川式簡易知能評価スケール」を開発し、その後、改訂されたこの検査は今も診療の現場で広く使われています。

長谷川さんは80代半ばまで現場で診療を続けながら認知症の人の尊厳を守る活動にも取り組み、2004年には厚生労働省の検討会の委員として当時の「痴呆」という用語を「認知症」に変更するのに貢献しました。

4年前には自身が認知症になったことを公表しましたが、その後も各地で講演を行うなど認知症の人への理解を深めるために精力的に活動していました。

長谷川さんが名誉センター長を務める「認知症介護研究・研修東京センター」によりますと、長谷川さんは今月13日、老衰のため東京都内の医療機関で亡くなったということです。
92歳でした。