台湾 リトアニアに“台湾”名称の出先機関を開設 中国強く反発

台湾当局はバルト3国の1つのリトアニアに「台湾」の名を冠した出先機関を開設しました。外交関係のない国では極めて異例で、中国が強く反発する一方、台湾は大きな外交成果と位置づけています。

台湾外交部は18日、リトアニアの首都ビリニュスに「駐リトアニア台湾代表処」を設立し、領事業務などを開始したと発表しました。

台湾が外交関係のない国に領事業務などを行う出先機関を設けることは珍しくありませんが、相手国は「台湾は中国の一部だ」と主張する中国への配慮から「台湾」の名称の使用を認めないのが一般的です。

リトアニアがこれを認めたのは極めて異例で、決定が伝えられたあとのことし8月、中国はリトアニア駐在の大使の召還を発表するなど強く反発しています。

一方、台湾外交部は「台湾とリトアニアの交流協力関係に新たなページを開いた」として大きな外交成果と位置づけています。

台湾では、このほかにも先月、外交部長がスロバキアとチェコを事前に発表する異例の形で訪問しました。

また、ヨーロッパ議会が先月、台湾との政治的な関係の強化をEU=ヨーロッパ連合に勧告する文書を採択したのに続き、今月上旬には初めて公式の代表団を台湾に派遣するなど、台湾とヨーロッパの接近の動きが続いています。