日米韓次官級協議 共同会見中止 韓国警察庁長官の竹島上陸受け

日米韓3か国の外務次官級の協議が行われ、北朝鮮の核 ミサイル問題などについて緊密に連携することで一致しました。

しかし、島根県の竹島に韓国警察庁の長官が上陸したことを受けて、共同記者会見が急きょ中止されるなど日韓関係の冷え込みが影を落とした形です。

日米韓3か国の外務次官級協議は17日、アメリカの首都ワシントンで行われ、外務省の森事務次官、アメリカのシャーマン国務副長官、韓国のチェ・ジョンゴン(崔鍾建)第1外務次官が出席しました。

協議では、北朝鮮の核 ミサイル問題などについて意見を交わし、緊密に連携することで一致しました。

しかし、協議のあとに予定されていた3か国による共同記者会見が急きょ中止され、シャーマン副長官はその理由について「日韓の間で相違点があった」と述べました。

日韓両国の間では16日、韓国警察庁のトップ、キム・チャンリョン(金昌龍)長官が島根県の竹島に上陸したため、日本政府が抗議していて、外務省関係者によりますと、今回の共同記者会見についても、日本側は「実施するのは不適当だ」と判断したということです。

また、個別にチェ次官と会談した森次官は「竹島は歴史的事実に照らしても、国際法上、明らかに日本固有の領土であり到底受け入れられない」と述べ、抗議したということです。

韓国外務省によりますと、これに対しチェ次官は「日本のいかなる主張も受け入れることができない」と説明したということです。

アメリカが対北朝鮮政策などをめぐって3か国の連携を重視する中、日韓関係の冷え込みが影を落とした形です。

松野官房長官「共同記者会見は不適当と判断」

松野官房長官は18日午前の記者会見で「地域の平和と安定のために、日米韓の結束を維持していくことは重要だ」と述べました。

そのうえで、3か国による共同記者会見が中止されたことについて「今般の竹島をめぐる事案に関し、わが国の立場に鑑み、到底受け入れることができず、韓国側に強く抗議している中、共同記者会見を行うことは不適当と判断した」と述べました。