阿蘇山 噴火警戒レベル2に引き下げ 火口から1キロ範囲は警戒を

10月20日に火砕流を伴う噴火が発生した熊本県の阿蘇山について、福岡管区気象台は、21日以降は、新たな噴火は発生しておらず、火山活動は低下しているなどとして11月18日午前、噴火警戒レベルを3から2に引き下げました。

そのうえで、中岳第一火口からおよそ1キロの範囲では、引き続き大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。

阿蘇山では、10月20日に中岳第一火口で噴火が発生して噴煙が火口から3500メートルの高さまで上がったほか、火口の北側と西側で火砕流が発生し、最大で1.6キロ流れ下りました。

気象台によりますと、21日以降は新たな噴火は発生しておらず、火山性微動の振幅は11月1日以降、おおむね小さい状態が続いているということです。

このため気象台は、火口から1キロを超える範囲に影響を及ぼす噴火が発生する可能性は低くなったとして、18日午前11時に噴火警戒レベルを「入山規制」を示す3から「火口周辺規制」を示す2に引き下げ、警戒が必要な範囲を火口から2キロ程度から、1キロ程度に縮小しました。

一方で、火山ガスの放出量は多い状態が続いていて、火口から1キロ程度の範囲に影響を及ぼす噴火の可能性があることから、引き続き、火口から1キロ程度の範囲では、噴火に伴う大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。

松野官房長官「引き続き危険な地域に立ち入らないで」

松野官房長官は、18日午後の記者会見で「気象庁が引き続き、阿蘇山の火山活動を注意深く監視していく。近くにお住まいの方や、登山者は、引き続き地元自治体などからの情報に留意し、危険な地域に立ち入らないようお願いしたい」と述べました。