“生理 つらくても学校休めなかった” 7割近くに

生理をめぐる問題について、高校生や大学生などを対象とした調査で、生理がつらくて学校を休みたいと思った経験がある人は9割を超えた一方、実際には休めなかった人が7割近くに上ったことがわかりました。

調査は高校生や大学生などで作る「日本若者協議会」と生理に関する啓発活動を行う団体「#みんなの生理」が、先月、インターネット上で行ったもので、1年以内に生理を経験した高校生や大学生など300人から回答がありました。
この中で、生理により学校や授業、部活動などを休みたいと思った経験があると回答した人は278人で、全体の93%に上った一方、このうち実際には休めなかったことがあると答えた人は190人で、休みたいと思った人の68%を占めました。
休めなかった理由を複数回答で聞いたところ、
「成績や内申点に悪影響が出ると思った」が最も多く、
「生理を理由に休んでいいと思わなかった」が続き、いずれも6割前後となったほか、
「言い出せなかった・恥ずかしかった」という回答もありました。
我慢して学校に行った結果、
「意識がなくなるほどの痛みで倒れた」とか
「吐いて担架で運ばれた」など体調が悪化したケースのほか、
「腹痛と頭痛がひどく机にうずくまっていたら授業態度が悪いと怒られた」というケースもありました。
調査を行った「#みんなの生理」共同代表の谷口歩実さんは「男女ともに常に健康なわけではないのに、出席と成績がつながり体の不調が不利になる状況がうかがえる。無理せず休める仕組みとともに生理による不調を伝えやすい環境を整える必要がある」と指摘しています。