アニメ産業 市場規模 去年 初めて“海外”が“国内”上回る

去年のアニメ産業の市場規模は、新型コロナウイルスの影響でライブイベントなどの売り上げが大幅に減少し11年ぶりに前の年を下回りましたが、海外展開は好調で、調査開始以来、初めて海外市場が国内市場を上回りました。

アニメーションの制作会社などで作る日本動画協会は、去年のアニメ産業の市場規模を発表しました。

それによりますと、市場規模は過去最高を記録した2019年よりも884億円ほど減って2兆4261億円となり、11年ぶりに前の年を下回りました。

「テレビ」や「映画」など9つある調査項目のうち、いわゆる巣ごもり需要の影響で「配信」がおよそ36%増加したものの、アニメソングのライブイベントなどにあたる「ライブエンタテイメント」が前の年に比べて65%減少しました。

2015年から急激に増えている海外の配信サービスとの契約やグッズ販売などの「海外展開」は前年を上回って1兆2394億円となり、調査開始以来、初めて海外市場が国内市場を上回りました。

配信などの契約を結んだ地域の数は、前の年に比べて2割近く増えたほか、「メディアミックス」と呼ばれるアニメなどの関連ビジネスを展開する戦略が海外でも進み、売り上げが急増しているということです。

調査結果を発表した「アニメ産業レポート」の増田弘道編集統括は「配信サービスが好調でコロナ禍の減少幅が少なく、新作の企画も次々と増えている。海外でも日本の作品が見られるようになり、海外向けのコンテンツやビジネスを戦略的に考える会社も出てきている」と話しています。