インフルエンザ接種の子どもに誤ってコロナワクチン接種 栃木

16日、宇都宮市の医療機関が、インフルエンザの予防接種を希望した子どもに誤って、新型コロナウイルスのワクチンの接種を行っていたことがわかりました。市によりますと、今のところ健康被害などは確認されていないということです。

栃木県宇都宮市によりますと、16日午前、インフルエンザの予防接種のため市内の医療機関を訪れた12歳未満の子ども1人に対し、医師が誤って新型コロナウイルスのワクチンの接種を行ったということです。

この医療機関は取り違えを防ぐため、
▽インフルエンザのワクチンは白の注射器に、
▽新型コロナウイルスのワクチンはオレンジ色の注射器に、入れることにしているということです。

今回は、正しくワクチンが入れられたものの、看護師が注射器を取り違えたうえ、手渡された医師も気付かないまま接種を行い、直後に誤りだとわかったということです。

日本では現在、新型コロナウイルスのワクチンの接種対象に、12歳未満の子どもは含まれていません。

今のところ、誤って接種を受けた子どもに副反応や健康被害は確認されておらず、この医療機関は、急な体調変化に備え、24時間連絡が取れる体制を取っているということです。

市は、再発防止のため、17日に市内の医療機関に対して、ワクチンの確認を徹底するよう文書で通知することにしています。