軽石の港への流入防げ 東京都がオイルフェンスなど対策を準備

東京都の伊豆諸島の一部の島で少量の軽石が見つかっていて、都は今後、大量の軽石が港に流れ込むと撤去に時間や多額の費用が必要になるとして、大量漂着のおそれがあると判断した場合は港の入り口にオイルフェンスを張るなど、対策をとる準備を各自治体や漁協と調整しながら進めています。

都によりますと伊豆諸島ではこれまでに式根島と伊豆大島、三宅島、それに御蔵島で少量の軽石が確認されているほか神津島の沖合では帯状にただよっている軽石が目撃されたということです。

都は伊豆諸島周辺に漁業調査指導船を出して潮の流れなどで漂流する可能性が高い海域を重点的に調べているほか、漁協と連携して目撃情報を収集するなど警戒を強化しています。

また今後、大量の軽石が港に流れ込むと撤去に時間や多額の費用が必要になるとして、大量漂着のおそれがあると判断した場合は港の入り口にオイルフェンスを張るなど対策をとる準備を各自治体や漁協と調整しながら進めています。

都によりますとすでに必要な量のオイルフェンスは確保できているということです。

また仮に港のなかに大量に流れ込んだ場合、都は陸上から重機を使って取り除くとしていて、島内の建設会社などと調整を進めています。