立憲民主代表選 逢坂誠二氏が立候補の意向表明

立憲民主党の代表選挙をめぐり、逢坂誠二 衆議院議員が必要な推薦人20人を確保できたとして立候補する意向を表明しました。

立憲民主党の枝野前代表の後任を選ぶ代表選挙をめぐり、赤松 前衆議院副議長を中心とする党内の最大グループが16日夜、国会内で会合を開き「グループ内から候補者を出すべきだ」として、必要な推薦人20人を確保した上で、逢坂誠二 衆議院議員を擁立する方針を決めました。

会合のあと逢坂氏はグループの幹部らとともに記者団の取材に応じ「多くの仲間から『逢坂でいきたい』という意思表示を受け、党が置かれている状況や日本の政治の状況などを総合的に考えた中で代表選に出馬する決意をした。日本の政治そのものが大きな曲がり角を迎えておりそれほど大きな力はないが少しでも貢献したい」と述べました。

逢坂氏は衆議院北海道8区選出の当選5回で62歳。

北海道のニセコ町長を3期11年務めたあと平成17年の衆議院選挙で初当選し、民主党政権では総理大臣補佐官などを務めました。

逢坂氏は17日記者会見して政策などを発表することにしています。

立憲民主党の代表選挙をめぐっては、泉 政務調査会長も16日、立候補する意向を表明しています。