人気のスナネコ4姉妹 県外の動物園へ“さようにゃら” 栃木

栃木県那須町の動物園で去年、生まれた「スナネコ」の4匹の姉妹が、繁殖などのためほかの動物園に移されることになり、展示は今月いっぱいで終了する見通しとなりました。

「スナネコ」は、アフリカの砂漠地帯などに生息する世界最小クラスのネコで、那須町の「那須どうぶつ王国」では、去年、国内で初めての繁殖に成功し、生まれたメス4匹が動物園の人気者になりました。

この4匹について、動物園は国内で飼育例が少ないスナネコを広く知ってもらうため、県外のほかの動物園に移すことを決めました。

動物園によりますと、1匹は長崎の動物園に、2匹は沖縄の動物園に、残る1匹は受け入れ先を検討中ですが、展示は今月いっぱいで終了するということです。

また、今回移すスナネコの一部は、新たな環境で繁殖を目指すということです。

那須塩原市から訪れた女性は「生まれた4匹がいなくなるのは残念ですが、また新しい赤ちゃんが生まれることを楽しみにしています」と話していました。

飼育員の荒川友紀さんは「たくさんの人に愛されて育った4匹なのでさみしいです。移った先でも多くの人を魅了すると思うので、楽しみに待っていてほしい」と話していました。