JR鎌倉駅近くのアパートなど7棟焼ける火事 1人の遺体見つかる

16日正午すぎ、神奈川県鎌倉市のJR鎌倉駅近くのアパートで火事があり、周辺の住宅や店舗など合わせて7棟が焼けました。アパートの焼け跡からは1人の遺体が見つかり、警察は住人の81歳の男性とみて確認を進めています。

16日正午すぎ、鎌倉市大町の木造2階建てのアパートの2階部分から火が出て、近くの住宅や店舗など合わせて6棟に燃え広がりました。

火はおよそ2時間後にほぼ消し止められましたが、アパートと両隣の住宅の合わせて3棟が全焼したほか店舗や住宅など4棟の一部が焼け、アパートの焼け跡から1人の遺体が見つかりました。

火事のあとアパートの2階の部屋に1人で住んでいた81歳の男性と連絡が取れなくなっていて、警察は死亡したのはこの男性とみて身元の確認を進めるとともに火事の原因を調べています。

現場はJR横須賀線の鎌倉駅から南におよそ500メートル離れた住宅や飲食店などが集まる地域です。