立民 国会議員に毎月100万円 “日割り支給”法案提出へ

国会議員に毎月100万円支払われる「文書通信交通滞在費」について立憲民主党は、歳費と同様に日割りで支給する仕組みに改めるべきだとして、次の臨時国会に必要な法案を提出する方針を確認しました。

国会議員に毎月100万円支払われる「文書通信交通滞在費」をめぐっては、先月31日の衆議院選挙で初当選した議員などにも先月分が全額支給されていて、与野党から見直しが必要だといった声が相次いでいます。

立憲民主党は執行役員会で対応を協議し、国会議員の給与にあたる歳費と同様に日割りで支給する仕組みに改めるべきだとして、次の臨時国会に必要な法案を提出する方針を確認しました。
福山幹事長は、記者団に「文書通信交通滞在費については立法府として、ある意味見過ごしていた部分があった。まずは党として法案をしっかりと提出することから始めたい」と述べました。