千葉 八街 児童5人死傷事故 被告「飲酒による居眠りだと思う」

千葉県八街市で酒を飲んでトラックを運転し下校中の児童5人をはねて死傷させたとして、危険運転致死傷の罪に問われている元運転手の裁判で15日、被告人質問が行われました。
元運転手は事故原因について「飲酒による居眠りだと思う」と述べたうえで、「『ごめんなさい』のことばしかありません」と話し、被害者や遺族などに謝罪しました。

元トラック運転手梅澤洋被告(60)はことし6月、酒を飲んでトラックを運転し、八街市内で居眠りをして下校中の小学生の列に突っ込み、児童2人を死なせ、3人に大けがをさせたとして危険運転致死傷の罪に問われています。

これまでの裁判で被告は起訴された内容を認めていて、15日は被告の弁護士による被告人質問が行われました。

このなかで、当日、飲酒運転をした経緯などについて弁護士から問われた被告は「事故を起こした日はコンビニで酒を買ったが帰宅後に飲むつもりだった。これまでにも仕事でイライラした時に酒を飲んで運転したことが何度かあった」などと述べました。

また、事故の原因については「飲酒による居眠りだと思う」と述べたうえ、「当初から『ごめんなさい』と言っているが、このことばしかありません」と述べ被害者と遺族などに謝罪しました。

このほか、15日は勤務していた会社の元上司も証人として出廷し、事故が起きるおよそ1年前から半年ほどの間に下請け会社の従業員から「酒のにおいがする」などと被告について合わせて4回にわたって苦情が寄せられていたことも明らかにしました。

次回は来月1日に検察側の被告人質問が予定されています。

遺族ら「常習的に飲酒運転 改めて強い憤り」

裁判のあと遺族や被害者の家族はコメントを発表し、この中で「被告が常習的に飲酒運転をしていたことが明らかになったことに改めて強い憤りを覚えます。被告の飲酒運転さえなければ事故は防げたのではないかという思いを強くしています」としています。