“柏崎刈羽原発で重大事故”想定 住民避難の防災訓練 新潟

新潟県にある東京電力柏崎刈羽原子力発電所で重大な事故が起きたという想定で住民が避難する原子力防災訓練が行われました。

訓練は震度6強の地震により原発で重大な事故が発生したという想定で、長岡市や柏崎市などの住民およそ800人が参加しました。

このうち柏崎市では福祉タクシーで避難する手順を確認し、車いすの人が運転手などに補助されながらタクシーに乗っていました。

また、受け付けで顔の画像や名前などを登録すると誰がどこへ避難したかなどを効率よく把握できるという顔認証システムが使われました。
一方、柏崎市の海岸では、自衛隊の船で避難する訓練が行われる予定でしたが、波が高いとして実施できず、住民は、砂浜にも乗りつけることができるエアクッション艇と呼ばれる大型の特殊な船に乗り、設備を見学して引き返していました。

参加した60代の男性は「船を使った避難ができず残念だ。自衛隊の船はしっかりしているので災害時には心配していない。それより地震で海岸までたどり着けるかが課題だと思った」と話していました。

新潟県によりますと、訓練は船による避難ができなかったこと以外は、おおむね想定通り行われたということです。