自動車とバイクのメーカー5社 レース通じて脱炭素の実証実験

脱炭素社会の実現に向け、トヨタ自動車やマツダ、それにヤマハ発動機など、自動車とバイクのメーカー5社は、新たな燃料の活用や二酸化炭素をほとんど排出しない「水素エンジン」の研究などに取り組む方針を発表しました。

トヨタ自動車とマツダ、SUBARU、それにヤマハ発動機と川崎重工業の5社の社長は13日岡山県美作市のサーキット場で記者会見を開き、脱炭素社会の実現に向けた取り組みを明らかにしました。

それによりますと、トヨタとSUBARUは水素と二酸化炭素で作る「合成燃料」を使用する車で来年のレースに出場し、マツダはミドリムシなどが原料の「バイオ燃料」を使う車でレースに参戦するということです。

レースを通じて、二酸化炭素の排出削減につながる新燃料の実証実験を重ねていくとしています。

また、バイクメーカーのヤマハ発動機と川崎重工業はホンダやスズキとともに、二酸化炭素をほとんど排出しないオートバイ用の「水素エンジン」の共同研究を検討するということです。

トヨタ自動車の豊田章男社長は、会見で「各社が未完成の技術をモータースポーツの現場で実証するようになってきた。意志ある情熱と行動によって10年後、20年後の未来の姿は変わってくると思う」と述べました。