小室圭さん 母親と元婚約者の「金銭トラブル」 解決で合意

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さんと結婚した小室圭さんは、12日夜、母親の元婚約者の男性と面会し、男性の代理人によりますと、解決金を受け取ることで「金銭トラブル」の解決に合意したということです。

小室圭さんは、12日夜8時前、母親の元婚約者の男性と話し合うため、東京・港区にある小室さんの代理人の弁護士の事務所に入りました。

小室さんの母親と男性との「金銭トラブル」は、男性が生活費などとして支援したとするおよそ400万円の返済を巡るもので、小室さんと眞子さんの婚約が内定した平成29年の暮れ以降、週刊誌などで相次いで報じられました。

小室さんは、これまでに文書などで、男性から「返してもらうつもりはなかった」と言われたことなどから解決済みの事柄だと思っていたと説明する一方、支援を受けたことへの感謝の気持ちをあらわし、解決金を渡す意向を示していました。

男性の代理人によりますと、男性と小室さんは双方の代理人を交えて面会し、男性が書面にサインをして解決金を受け取ることで合意したということです。

男性の代理人は「『金銭トラブル』はこれで解決したと、とらえている。この件について今後、何かを求めることはない」と話しています。

小室さんは眞子さんとともに、14日に日本を出発する予定で、アメリカで新たな生活を始めることにしています。