ヤマハ発動機 川崎重工業などと水素エンジンの共同研究検討へ

大手バイクメーカーのヤマハ発動機は、二酸化炭素をほとんど排出しない「水素エンジン」の研究を、川崎重工業などと共同で行う検討に入りました。オートバイの分野でも電動化技術の開発が進む中、別の選択肢も確保し、脱炭素に向けた動きをリードするねらいがあるものとみられます。

「水素エンジン」は、ガソリンや軽油ではなく、次世代エネルギーとして期待される水素を燃焼させて動力とするエンジンで、走行時に二酸化炭素をほとんど排出しません。

ことし5月には、トヨタ自動車が「水素エンジン」の車で、静岡県で開かれたレースに出場し、注目を集めました。

こうした中、関係者によりますと、大手バイクメーカー ヤマハ発動機は、オートバイに搭載する「水素エンジン」の研究を川崎重工業などと共同で行う検討に入りました。

一度の水素の補充で、どれだけ走ることができるのかや、実用化した際のコストなどを連携して研究していく考えです。

世界的に脱炭素に向けた動きが加速する中、国内のバイクメーカー4社は、電動オートバイの電池の規格を共通化することで合意していますが、今回の「水素エンジン」の共同研究は、電動化とは別の選択肢も確保し、脱炭素に向けた動きをリードするねらいがあるものとみられます。