渋沢栄一没後90年の命日 東京タワー “藍色”にライトアップ

新しい1万円札の肖像に選ばれ、NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公としても注目されている渋沢栄一の没後90年の命日となる11日、その功績に思いをはせてほしいと、渋沢にちなんで東京タワーが藍色にライトアップされました。

ライトアップは、「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢栄一が初代会頭を務めた東京商工会議所が渋沢の没後90年の命日に合わせて企画しました。

点灯式では、東京商工会議所の三村明夫会頭が「コロナ禍で世の中が不確実、不安定なときこそ渋沢の精神と行動に思いをはせることに意義がある。渋沢の精神にのっとり国難を乗り越えて明るい未来を築けるよう、引き続き活動を進めたい」とあいさつしました。

そして、渋沢の出身の埼玉県深谷市がかつて藍染めの染料となる植物の「藍」の栽培が盛んで、渋沢の実家も藍染めに深く関わっていたことにちなみ、東京タワーが藍色にライトアップされました。

東京タワーの藍色のライトアップは11日かぎりだということです。