道路が陥没し深さ6mの穴 乗用車が転落 3人重軽傷 北海道 三笠

11日未明、北海道の三笠市で、道路が陥没して深さおよそ6メートルの大きな穴ができ、この穴に乗用車1台が転落しているのが見つかりました。車には男女3人が乗っていて、病院に運ばれましたが、1人は腰の骨を折る大けがをし2人は軽いけがだということです。

11日午前3時ごろ、三笠市本町の北海道が管理している道路、岩見沢桂沢線で「道路が陥没している」という通報が近くを通りかかった人から警察にありました。

警察や消防が現場に駆けつけたところ、片側1車線の緩いカーブの道路の一部が陥没して大きな穴ができ、その中に乗用車1台が転落しているのが見つかったということです。

乗用車の中には10代の女性と20代の男女合わせて3人が乗っていて、病院に運ばれましたが、このうち20代の女性が腰の骨を折る大けがをし、ほかの2人は軽いけがだということです。

道によりますと、穴の大きさは長さおよそ7メートル、幅およそ7メートル、深さおよそ6メートルで、現場を含む付近の道路、およそ2.5キロの区間が、通行止めになっています。

現場は民家や畑が点在する場所で、道は2次災害のおそれがないか周辺の安全を確認するとともに、道路が陥没した原因を詳しく調べています。

松野官房長官「インフラの老朽化が進行か」

松野官房長官は臨時閣議のあとの記者会見で「負傷した3名にお見舞いを申し上げるとともに、1日も早い回復をお祈りする」と述べました。

そして「高度経済成長期以降に、集中的に整備されたインフラの老朽化が今後、加速度的に進行していくことが見込まれる中、国民の安全、安心や社会経済活動の基盤となるインフラの維持・管理・更新を計画的に進めていくことが重要だ」と述べました。

そのうえで「地方公共団体が管理する道路施設の点検や修繕への財政支援や、国の職員による技術的な支援を実施しているところであり、引き続き、国としてしっかり支援していきたい」と述べました。