11月11日は介護の日 コロナ禍で負担増す中 無料電話相談

11月11日は「介護の日」です。コロナ禍で介護の負担が増している家族などのために、無料の電話相談が行われています。電話相談を行っているのは認知症の人やその家族でつくる会などで、午前10時から全国一斉に無料で相談を受け付けています。

ケアマネージャーや労働組合の担当者など18人が、要介護者の家族や介護職員などさまざまな人からの相談に応じています。

このうち母親の認知症の症状に悩んでいるという人には、地元の社会福祉協議会に連絡するよう助言していました。

最近、要介護者の家族からはコロナ禍でデイサービスの利用が制限されて介護の負担が増しているとか、介護施設にいる親と面会できず認知症の症状が悪化しているといった相談が目立つということです。

電話相談は11日午後6時まで行われています。

番号は0120-110-458です。

相談員の森永伊紀さんは「コロナ禍の対応で介護現場は疲弊している。悩みを解決する糸口になるかもしれないので気軽に問い合わせてほしい」と話しています。