中国「歴史決議」採択へ 習近平主席の実績たたえる報道相次ぐ

中国共産党の重要方針を決める会議「6中全会」は11日閉会し、これまでの党の歴史を総括する「歴史決議」が採択される見通しです。国営メディアでは習近平国家主席の実績をたたえる報道が相次いでいて、長期政権をにらむ習主席の権威を高めるねらいがあるとみられます。

中国共産党の今後の重要方針や人事などを決める会議「6中全会」は今月8日から北京で開かれています。
会議は11日閉会し、ことし党の創立から100年の節目を迎えたことを踏まえ、これまでの成果と歴史を総括する「歴史決議」が採択される見通しです。
「歴史決議」は、毛沢東と※トウ小平の時代に採択されて以来で、決議によって2人の権力基盤が盤石になったとされています。

これに合わせて国営メディアでは、習近平国家主席の実績をたたえる報道が相次いでいて、新華社通信は今月6日、習主席について「疑うことなく、歴史の潮流を操る核心人物だ」と称賛しました。
また党の機関紙、人民日報も今月に入ってから9日までの連日「新時代の鍵となる選択」と題して、習主席のこれまでの発言や実績をまとめた記事を1面で掲載しています。
習主席は、来年秋の党大会で党トップとして異例の3期目を目指しているとされ「歴史決議」の採択を前にした国営メディアの報道は長期政権をにらむ習主席の権威を高めるねらいがあるとみられます。

※「トウ」は「登」に「おおざと」