COP26 新車販売 EVなどにする目標で英など合意 日本参加見送り

イギリスで開かれている国連の気候変動対策の会議、「COP26」で議長国であるイギリスは2040年までに世界の新車販売をEV=電気自動車などの排出ガスを出さない車にする目標をまとめ、20か国以上が合意したと発表しました。ただ、自動車産業が大きい日本やアメリカ、ドイツなどは参加を見送りました。

この目標は世界の平均気温の上昇を抑えるために自動車分野でできることとしてまとめられ、10日、イギリスが発表しました。

それによりますと自動車の主要市場では2035年、世界全体では2040年までにガソリン車やハイブリッド車など内燃機関を使った新車の販売を停止し、排出ガスを出さないEVや燃料電池車に移行するとしています。

イギリスやカナダ、スウェーデンやチリ、カンボジアなど20か国以上が合意しました。

また、アメリカのGM=ゼネラル・モーターズやフォード、スウェーデンのボルボなどの大手自動車メーカーも賛同しました。

一方、自動車産業が大きい日本やアメリカ、ドイツ、フランスそれに中国は参加を見送りました。

関係者によりますとイギリスは各国政府に参加を呼びかけましたが、自動車が基幹産業である国からは早期にEVなどに完全移行する目標を打ち出すのは現実的ではないとの声が上がったということです。