TSMC半導体工場を歓迎 資金面の支援検討 萩生田経済産業相

台湾の半導体メーカーTSMCがソニーグループと共同で熊本県に子会社を設立し、半導体工場を建設することを正式に発表したことについて、萩生田経済産業大臣は10日の閣議のあとの記者会見で「率直に歓迎したい」と述べ、政府としても資金面での支援を行う考えを示しました。

この中で萩生田大臣は「TSMCが日本への先端半導体工場の投資意思を機関決定したことを率直に歓迎したい。デジタル化が急速に進展する中、半導体はあらゆる分野に使われる、いわば産業の脳であり、半導体の安定供給体制の構築は安全保障の観点からも非常に重要だ」と述べました。

そのうえで萩生田大臣は「今後の経済対策において、他国に匹敵する措置を講ずるべく、必要な予算の確保と複数年度にわたる支援の枠組みを速やかに構築したい」と述べ、政府としても資金面での支援を行う考えを示しました。

経済産業省では来週から有識者を集めた会議を開催し、半導体産業の強化に向けた政策の在り方について集中的に議論を進めていく方針です。