COP26 閣僚級会合始まる 成果文書の採択目指し協議

イギリスで開かれている国連の気候変動対策の会議、「COP26」は、日本時間の10日未明から閣僚級による会合が始まり、成果文書の採択に向けた詰めの協議が行われています。

閣僚級会合では、先週行われた首脳級会合に首脳級が出席しなかった国が演説し、気候変動対策の取り組みを表明しました。

このうちロシアのオベルチュク副首相は「ロシアは2060年までにカーボンニュートラルを達成すると発表したが、早期の目標達成は、新たな技術が利用できるかやクリーンエネルギーへの移行のための資金が調達できるかにかかっている」と述べたうえで、技術や資金へのアクセスを妨げるような差別や制限があれば目標達成はないと強調しました。

また、EUのヨーロッパ委員会のティメルマンス副委員長は「世界はまだ気温上昇を1.5度に抑えるには程遠い。COP26は反対ばかりでなく、ともに議論して成功する場にしなければならない」と呼びかけました。

議長国イギリスは閣僚級会合に先立って成果文書に盛り込むことが想定される項目の素案を公表し、この素案をもとに各国の閣僚級が参加する交渉も本格化しています。

素案では、世界の平均気温の上昇を産業革命前と比べて1.5度に抑えることの重要性や、目標とする気温と各国が2030年に向けて掲げた温室効果ガスの削減目標が整合するよう再検討することなどがあげられていて、さまざまな論点について協議が進められています。

「COP26」は成果文書の採択を目指し、今月12日の会期末まで詰めの協議が行われる見通しです。