「鬼滅の刃」描いたケーキを無許可販売 自営業者を書類送検

人気漫画「鬼滅の刃」のキャラクターが描かれたデコレーションケーキを作り無許可で販売したとして、30代の自営業者が著作権法違反の疑いで書類送検されました。SNSを通じて1つおよそ1万5000円で販売していたということです。

書類送検されたのは、東京 渋谷区に住む34歳の女性の自営業者です。

警視庁によりますと、去年12月からことし3月にかけて、人気漫画「鬼滅の刃」のキャラクターが描かれたデコレーションケーキを作り、男女4人に無許可で販売したとして、著作権法違反の疑いが持たれています。

客が事前に指定したイラストをコピーしたうえでチョコレートでみずからキャラクターを描き、SNSを通じて1つおよそ1万5000円で販売していたということです。

ことし6月までの2年間でおよそ400万円を売り上げたとみられるということで、任意の事情聴取に対し容疑を認め、「悪いことをしているという認識はあったが、普通にケーキを作っても売れないと思った」などと話しているということです。