国民 今後 野党の国対委員長会談に参加しない方針 自民に説明

国民民主党の古川国会対策委員長は自民党の高木国会対策委員長と会談し、今後は野党の国会対策委員長の会談には参加せず、政策ごとに各党と対応する方針を説明したうえで、ガソリン価格の高騰への対策などを求めました。

国民民主党は、衆議院選挙の結果を受け、これまで法案審議への対応を決めてきた立憲民主党や共産党など野党の国会対策委員長会談に参加しない方針を決めました。

これを受け、国民民主党の古川国会対策委員長は9日、自民党の高木国会対策委員長と会談しました。

この中で古川氏は「政策本位でどの党とも等距離でつきあい、政策の実現に向け協力していきたい」と述べ、今後は政策ごとに各党と対応する方針を説明しました。

そのうえで、ガソリン価格の高騰を抑えるための対策などを求めました。

これに対し、高木氏は、可能なところは協力していく考えを示しました。

これに先立ち、国民民主党は、日本維新の会と幹事長会談を行っていて、古川氏は、今後の国会対応について、記者団に対し「立憲民主党にはきのう、わが党の立ち位置は説明したので、必要に応じて、それぞれの国会対策委員長と会談したい」と述べました。