自民 細田派 安倍元首相への派閥復帰と会長就任要請を確認

自民党細田派は、細田元幹事長が新しい衆議院議長に選出されるのに伴って派閥の会長を退くことから、安倍元総理大臣に、派閥への復帰と後任の会長への就任を要請することを確認しました。

自民党最大派閥の細田派は、9日夕方、党本部で幹部らが会合を開きました。

この中で、会長を務める細田元幹事長は、10日召集される特別国会で新しい衆議院議長に選出されるのに伴って派閥の会長を退く意向を示しました。

そのうえで、みずからの後任について「現在は派閥を離れているが、長年、ともに活動してきた安倍元総理大臣が望ましい」と提案しました。

これに対し、出席者から異論は出ず、安倍氏の派閥への復帰と会長への就任を要請することを確認しました。

そして、10日幹部が安倍氏のもとを訪れ、本人の了解が得られれば、11日の派閥の総会で正式に安倍氏の会長就任を決めることになりました。
会合のあと、派閥の事務総長を務める西村前経済再生担当大臣は、記者団に対し「安倍氏には会長就任を受けていただけると期待している。さまざまな経験も生かしながら将来に備え、日本を引っ張っていく政策研究会でありたい」と述べました。