アパートで火事 70代男性死亡 たばこが酸素吸入装置に引火か

東京 西東京市のアパートで火事があり、この部屋に住む70代の男性が亡くなりました。部屋にあった酸素を吸入する装置が焼けていたことから、警視庁はたばこの火が燃え移った可能性があるとして調べています。

警視庁や東京消防庁によりますと、8日昼前、西東京市北原町の2階建てのアパートから火が出て1階の部屋の内部が焼けました。

部屋には70代の男性が1人で住んでいて、病院に運ばれましたがまもなく死亡しました。

関係者によりますと、男性は病気でほぼ寝たきりの状態で、近くにあった酸素を吸入する装置が焼けていたということです。

また、周辺にはたばこの吸い殻が落ちていたということです。

警視庁や東京消防庁はたばこの火が装置に燃え移った可能性があるとして、当時の状況を詳しく調べています。

酸素を吸入する装置を使うと顔付近の酸素濃度が高くなり、これまでもたばこの火などが引火して火災が起きるケースが相次いでいて、消防などが注意を呼びかけています。

酸素吸入装置など使用時の火災相次ぐ

医療機器メーカーなどで作る業界団体「日本産業・医療ガス協会」によりますと、自宅で酸素を吸入する装置などを使用していて火災が起きるケースは全国であとを絶たず、2003年以降、ことし8月までに少なくとも85人が亡くなっています。

装置を使っている時にたばこを吸おうとしてライターを顔に近づけて引火したり、台所で調理をしようとして火災になったりするケースが確認されているということです。

この装置は、周辺の空気を取り込んで酸素を濃縮し患者が鼻や口から吸うため顔付近の酸素濃度が高くなり、わずかな火でも燃え広がるおそれがあるとして国などが注意を呼びかけています。

東京消防庁調査課の山崎武見消防司令補は「装置を使用中はわずかでも火気があると顔の近くで燃え広がるおそれがあり大変危険だ。周りにいる人も含めて十分に注意してほしい」と話していました。