点滴に消毒液 3人殺害の罪 元看護師にきょう午後判決 横浜地裁

横浜市の病院で入院患者3人の点滴に消毒液を混入して殺害した罪などに問われている元看護師に対し、9日午後、横浜地方裁判所で判決が言い渡されます。
検察が死刑を求刑したのに対し、弁護士は「心神こう弱の状態で無期懲役が相当だ」などと主張していて、どのような判断が示されるか注目されます。

横浜市神奈川区の旧「大口病院」の元看護師、久保木愛弓被告(34)は、5年前の2016年9月、70代から80代の入院患者3人の点滴に消毒液を混入し、殺害した罪などに問われています。

判決の言い渡しは9日午後1時半から始まる予定で、裁判所では雨の中、傍聴券を求めて並ぶ人の姿が見られました。

久保木被告は起訴された内容を認め、裁判では当時の精神状態や刑の重さが争点になりました。

これまでの裁判で検察は、自分の勤務時間中に患者が亡くなって遺族に責められるのを避けたいという思いから、勤務時間外に亡くなるように点滴に消毒液を混入したと動機について指摘しています。

そのうえで「精神障害の影響は極めて小さく、完全責任能力があった。3人を殺害した結果は極めて重大だ」などとして死刑を求刑しています。

一方、弁護士は「『遺族に説明したくない』という動機で患者を殺害するのは不合理だ。被告は統合失調症の影響で心神こう弱状態だった。今は犯行に真摯(しんし)に向きあい、反省している」などとして無期懲役が相当だと主張していて、9日の判決でどのような判断が示されるか注目されます。

傍聴券の倍率 22倍に

9日の判決の傍聴券を求めて、横浜地方裁判所前には雨の中、多くの人が集まりました。

裁判所では新型コロナの感染対策のため、傍聴席を通常より少なくしていて、14席に対して313人が傍聴を希望し、抽せんの倍率は22倍に上りました。

このうち、横浜市内に住む70代の女性は「事件の経緯を聞きたいと思って来ました。被告は娘と同じ年齢なのもあって、どう考えているかを知りたいです」と話していました。