新型コロナ 世界の感染者2億5000万人超 欧州などで感染再拡大

アメリカのジョンズ・ホプキンス大学のまとめによりますと、新型コロナウイルスの感染が確認された人は、日本時間の8日、世界全体で2億5000万人を超えました。
ヨーロッパやロシアなどで感染が再拡大していて、WHO=世界保健機関は、ワクチン接種を加速させるよう呼びかけています。

アメリカのジョンズ・ホプキンス大学のまとめによりますと、新型コロナウイルスの感染が確認された人は、日本時間の8日、世界全体で2億5000万人を超え、9日午前7時の時点で2億5024万6902人となっています。

感染者が最も多いのは、
▼アメリカで4657万4414人、
次いで
▼インドが3436万6987人、
▼ブラジルが2188万439人、
▼イギリスが937万9041人などとなっています。

また、亡くなった人は世界全体で505万4097人となっています。

ヨーロッパなどでは感染の再拡大が続いていて、ドイツ政府の研究機関は5日、新規感染者が3万7120人に上ったと発表し、2日連続で過去最多を更新しました。

また、ロシアでも6日、新規感染者が政府の発表で4万1000人を超え、これまでで最も多くなりました。

WHOは、各国に対してワクチン接種のペースを加速させるため、あらゆる取り組みを行うよう呼びかけています。